院長ブログ

インフルエンザワクチンについて(12月12日)(2017年12月12日)

みなさま、おはようございます。

さて、今年のワクチンは流通量が少なく、みなさまお困りのことと思います。
うちでは、ツイッターで適宜、つぶやいてきました。
ん?ツイッターって何?自分はやっていないからわからないよ、という方、うちのクリニックのホームページでは、
この院長ブログ、インフォメーションブログ、ツイッター、フェイスブックページの4つがホームページのトップに並んで出ております。
なので、ホームページを見ていただければ、ツイッターのつぶやきも閲覧できる仕組みになっております。

それは、おいといて。
タイトルの通り、今日現在のインフルエンザワクチンの状況です。
現時点で、およそ昨年のシーズンで接種に使ったワクチンの80%くらいの本数の接種をさせていただきました。
が、昨日入庫したワクチンの在庫を合わせて、残り100人分ほどの在庫となっております。

そして、ここからが大事な話なのですが、今日以後、ワクチンの入庫は全くない可能性が高くなりました。
イレギュラーに他から余った分などが回されてこない限り、定期入荷は終了となりました。
よって、現在ある在庫分が無くなり次第、当院での今シーズンのインフルエンザワクチン接種は終了となります。
たぶん、本数からすると、今週後半は無くなっている可能性が高いです。

また、少数の入荷時にはツイッターでつぶやきますので、ホームページをご覧になっていただければとおもいます。
このブログは、速報性の高いものについては、書き込みすることはほぼないので、ご理解ください。

よろしくお願いします。