院長ブログ

現時点での当院でのインフルエンザワクチンの現状(2018年11月16日)

今年も10月初めからインフルエンザワクチン接種が始まっております。

例年は、足りなくなる前に卸しに発注すれば、希望通りの本数が入荷しておりましたが、今年は、昨年に続いて、なかなか入荷が難しい状況です。国としては、「ワクチンは潤沢にあります。不足することはありません。」と公言していますが、現場としては、やはり、不足している感じがありありです。
当院では、これまではなんとか、希望者みなさまに接種できておりますが、近隣の大学病院通院中の患者さんが、「大学病院では、もうワクチンがないので打てないと言われた」と当院に来院されたりして、やはり足りていない現状で、そろそろ在庫切れになりそうな気配があります。

当院では、予約なし、来たら打ちます、なくなったらごめんなさいという方法でインフルエンザワクチン接種の対応をさせていただいております。
今年も、近々、欠品の日も出てくるかと思います。
なるべくリアルタイムに、ツイッターなどで在庫状況をつぶやいていきますので、今後、そちらも見ていただければと思います。
よろしくお願いします。