院長ブログ

3月7日現在の当院での新型コロナウイルスを踏まえた診療スタンス(2020年3月 7日)

皆さま、それぞれに不安を感じながら、生活をされていることでしょう。
当院のある川崎市ではまだ市中での感染はみられておりませんが、神奈川県内では感染報告は出ております。
しかし、魔女狩りのように、誰が感染して、どこにいる、などと騒ぎ立てるのは意味のないことだと思います。
高齢者、持病を持っている人に感染しないようにみんなで協力しあうということを心がけましょう。

それを踏まえて、今日現在の当院のスタンスについて、書かせていただきます。

まず、いろいろと知見が集まってきていて、軽度の接触では感染しにくいということ、逆に密閉された空間で長い時間一緒にいることで感染リスクが高まることは指摘されているところです。
また、症状がないがウイルスを持っている人がかなり多いこともわかっているので、症状から見分けることは不可能と考えていいかと思います。
つまり、現時点では、なるべく待合室での待ち時間を短くする。
上気道炎症状のある方は速やかに診察して、速やかに帰宅していただく。
時間的、空間的になるべく、他の患者さんとの接触を少なくする。
これを心がけたいと思います。

そのため、当院で対応として

1.今まで以上に症状に応じて診察の順番が前後することはご容赦ください(上気道炎症状がある人をさっさとみてしまう可能性あり)

2.順番待ちが長くなると一人一人の待合室での待ち時間が長くなるため、慢性疾患の落ち着いている方は、ごく短い診察時間での診察対応とさせていただく可能性あり極端には、挨拶程度かもしれません)。

3.患者さんから担当医師を希望確認し指名を受けていましたが、これもしばらくの間、こちらで決めさせていただくことがあります

4.ホームページに現在の待ち患者さん数の表示があります。目安になりますので、待ち患者さんの数が少ない時を狙って受診していただければ、ありがたいです。

5.先日、国からも指示があった電話再診における慢性疾患の処方箋発行診療も対応させていただきます。

6.昨今のマスク不足ではありますが、出来れば風邪症状の患者さんはマスク着用で来院をお願いします

7.今まで以上に感染拡大を予防する観点から、インフルエンザ迅速検査や溶連菌検査などの検査を必要最小限にさせていただいております。検査をしてもらえないという不満はあるかと思います。必要な時に必要な検査をさせていただきますので、こちらもご容赦ください。

いろいろとご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。