院長ブログ

これからしばらくが踏ん張り時です(2020年3月23日)

みなさま、おはようございます。

今週も始まりました。
さて、新型コロナウイルスについては、様々な報道がなされ、それぞれがどうすればいいか、難しい判断を迫られていることも多いかと思います。
週末も大規模イベントが行われて、それに対して、批判的な報道などもみられています。

ただ、今の段階では、イベントを中止させる権利は誰も持っていません。
それぞれの事情もあったかと思います。
正直、新型コロナウイルスをばらまいてやる、という思想を持って動いている人はごく少数だと思います。
こんな状況ですから、どこかに怒りの力をぶつけたくなる気持ちはあるかと思いますが、そのパワーは別のところに向けていきませんか。
誰が悪い、誰は無責任だ、と批判するのは簡単ですが、自分が批判されるのはとても辛いことだと思いませんか?

例えば、大規模イベント、開催されたのであれば、その後どうするのがいいのかを考える(開催後に文句を言っても、開催は過去に戻って中止にはなりません)。
例えば、大規模イベント、参加したのであれば、そのあとの体調管理は普段以上に気をつける。熱を測って、微熱があったり、咳をするようであれば、外出しない(大規模イベントがクラスター発生のリスクにはなっているので、自分が感染したリスクを理解する)。
例えば、自分に無関係な批判的な書き込みをSNSにしないように心がける(それが、他の不特定多数の人に有益になる可能性も否定できませんが、傷つく人もいるのかも、とまず投稿前に推敲する)。

今、イタリアはとても辛い状況になっています。
そして、それは、2週間後の日本を見ている可能性もあります。
今、自分たちにできること(それぞれがそれぞれの立場で考えて)をしていきませんか?
まずは自分の周りの高齢者、持病を持った人に風邪などをうつさないようにする心がけを。
・手洗いを繰り返す。
・不必要に人混みに行かない。
・調子が悪ければ、外出を控える。

で、今までの自分であれば、多少、体調が悪くても、クリニックでの診察はしていました。
自分が動ける状況であれば。
しかし、今の状況では、自分が感染源として、高齢者などを中心にうつしてしまうことは避けなければなりません。
今後、しばらくは、自分も含めて、当院のスタッフが体調不良の時は積極的に休んでもらうこととします。
なので、僕自身が体調不良になった時に、外来に不在という状況も起こり得ます。
誠にすいませんが、どうぞ、ご理解いただければと思います。