院長ブログ

鼻からのインフルエンザワクチン(フルミスト)開始しました(2014年10月 1日)

通常のインフルエンザワクチン、「ちくっとしますよ」と言って注射しておりますが、鼻からのワクチンは痛くないです。
で、効き目も強くて、長い期間、効果持続。
あら、とてもいいじゃないですか。
ですが、接種できない方もいらっしゃいますので、下記の説明書きをよく読んでください。
もうひとつデメリットとしては、国内未承認薬なので、医薬品副作用被害救済制度が適応されません。

あと、値段がふつうのインフルエンザワクチンよりも高いのです。

受験生などは、接種対象としてはいいですね。

1回接種 10000円(税込)
2回接種 15000円(税込)2回分の費用です。

また、ご家族二名様以上でお申し込みいただくと『家族割り』として、
おひとり 8,500円(税込)

ただし、今年初めての導入のため、少量しか入荷しません。
通常のインフルエンザワクチンは、来院していただければ、予約なしで接種できますが、このフルミストは予約制となります。
少量しかないので、今回は、当院にかかられたことがある方、もしくはその家族の方を対象とさせていただきます。
ご了承ください。

フルミスト接種申し込み書.pdf


上記の申込書にご記入のうえ、ファックスにて送信下さい。申し込みを受け付けましたら、メールにて返信いたします。メールが返信されない場合、申し込みが完了していない場合がございます。flumist@someya-clinic.jpまでお問い合わせ下さい。

【フルミストとは?】
鼻の中に吹き付けるタイプのインフルエンザワクチンです。
 インフルエンザ4価弱毒生ワクチンで、インフルエンザA型2種類、B型2種類の合計4種類の株が入っています。
毒性を弱めた生きたウイルスで免疫を作るため、自然感染と同じような免疫ができます。
1回の接種で、有効率は80%、効果は約1年続きます。

 接種対象者:2~49歳以下の健康な方
(鼻水、鼻づまりのある方は、接種できない可能性があります)
 接種回数:1回接種
 ※2~8歳で過去にインフルエンザワクチンの接種歴がない方のみ
   2回接種(4週間以上の間隔をあける)

【フルミストの接種を受けられない方】
・2歳未満、50歳以上の方
・アスピリン服用中の方、免疫が抑制されるような治療を受けている方
・卵、ゲンタマイシン、ゼラチン、アルギニンに対する重度のアレルギーのある方
・ギランバレー症候群の既往のある方
・免疫力の低下している、またはそのような人と接触する方
・妊娠や授乳中、心臓や腎臓、肺に問題のある方、糖尿病の方
・タミフルなど抗インフルエンザウイルス薬を服用中の方

【副反応について】
・鼻水、鼻づまりを約40%の方でみとめます。
・微熱を含めて発熱は、約10%の方でみとめます。
・その他、咽頭痛、咳、頭痛などの風邪様症状をみとめる場合があります。
・まれですが、アナフィラキシーやギランバレー症候群のような重い副反応を起こす可能性があります。

【ご注意いただきたいこと】
・女性の方は、接種後1ヶ月間は避妊をしてください。
・接種当日は、通常通りお過ごし下さい。
・フルミストは日本では、未承認のワクチンです。そのため万が一重篤な副反応が生じた場合、予防接種健康被害救済制度や医薬品副作用被害救済制度による補償の対象外となります。
・小児科では、公費ワクチンとの兼ね合いにより他のワクチンとの同時接種は行いません。
・フルミスト接種後、不活化ワクチンは2週間、生ワクチンは4週間あければ次のワクチン接種可能です。